歯科用CTを使用した正確な診断のもとで治療を行います

歯科用CTを使用した正確な診断のもとで治療を行います

口腔外科では、歯科治療の中でもおもに外科手術を伴う治療を行います。そのため、事前の精密な診査・診断が欠かせません。港区新橋の歯科・歯医者「吉樹デンタルクリニック」では歯科用CTを院内に導入し、患部の3次元的な立体画像を取得することで高精度な治療を実現しています。

従来歯科用CTは一般の歯科医院に設置されているものではなく、撮影のために患者様に大学病院などへ出向いていただかなくてはなりませんでした。当院では院内に完備していることで、患者様の負担を減らしながらスピーディーな診査・診断を可能にしています。口腔外科治療も、安心して当院におまかせください。

奥歯のトラブル親知らず

奥歯のトラブル親知らず

親知らずとは、永久歯がすべて生えそろった後に、奥歯のさらに奥に生えてくる歯のこと。かつては通常の奥歯として使われていた歯ですが、食生活の変化によって顎が小さくなってきている現代人には生えるスペースがなく、横向きや斜めになって生えてくることが多いという特徴があります。

奥歯のトラブル親知らず

そのため強い痛みを伴うほかにも、虫歯や歯周病になりやすかったり、手前の歯を強い力で押して歯並びを乱したりといったトラブルを招きやすく、抜歯が必要になるのです。しかし、きちんと正しい向きで生え、奥歯として問題なく使える親知らずもあります。抜歯が必要かどうかなど親知らずについて気になることがあれば、お気軽に当院までご相談ください。

抜歯時の注意点

多くの場合抜歯を選択することになる親知らずですが、抜歯にはリスクが伴うケースもあります。抜歯時には以下の点に注意しましょう。

  • 術後に腫れ出ることがあります。2日~2週間ほどで治まりますので、様子を見てください。
  • 中には、親知らずが顎の骨にもぐりこんでいるなど、簡単に抜歯できないケースもあります。
  • 抜歯後、傷口が治りにくく痛みが続くケースがあります。とくに神経に接触している親知らずを抜いた場合には、唇などにしびれが生じることがあります。
  • 抜歯した後の傷口は感染しやすい状態だといえます。気になっても指や舌などでさわらないようにしましょう。

最新の歯周組織再生療法【CGF】

エムドゲイン(R)法エムドゲイン(R)法 当院では、インプラント治療、歯周病治療、親知らずの抜歯などの外科手術時に、術後の治癒促進、疼痛の抑制効果のあるCGF(Concentrated Growth Factors)再生療法を導入しております。
通常、ケガをして血管が破れると、その欠陥の穴を埋めるために血液中の凝固因子が刺激されてフィブリンという物質が形成され、傷口をふさいで出血を止め、傷の治りを促進します。CGFとは、このフィブリンを人工的に作製したもので、患者さんご本人から採血された血液(10cc)を、「メディフュージ」という遠心分離機にかけて作製します。
患者さんから採血した血液に、添加物(抗凝固剤や凝固促進剤など)を一切用いず作製できる完全自己血液由来のゲル素材です。新しい自己血液由来のゲル素材として、再生医療分野での応用が期待されています。CGFは、損傷された組織の再生・治癒に働く「成長因子」を多く含んだ血小板がさらに濃縮されているもので、以下の利点があります。

1.手術後の痛みを少なく、そして傷の治り(軟組織の治癒の促進)を早くする
2.血小板・成長因子が豊富に含まれた完全自己血液由来のフィブリンゲルのため、骨・歯肉などの硬軟組織の歯周組織再生効果が期待できる
3.治癒期間が短縮する

その他のトラブルについて

口腔外科では、以下のようなさまざまなトラブルにも対応しています。

根尖病巣
根尖病巣

根尖病巣とは、虫歯が悪化して放置したり、根管治療がうまくいかなかったりした場合に起こるものです。歯根の下に膿がたまるなどして炎症が起き、急に歯ぐきの腫れや痛みが出るなどします。

これを放置してさらに悪化すれば抜歯となってしまうため、再度根管治療を行うなどの対処が必要です。

歯根のう胞
歯根のう胞

歯根のう胞とは、虫歯の悪化を放置したり、根管治療を行ったにもかかわらずトラブルが起きたりした場合に、歯根の先端にできる膿の袋のこと。おもな症状には、「歯ぐきの腫れ」があります。

小さなのう胞は再度根管治療を行うことで対処しますが、大きい場合には、歯根の先端を切除する「歯根端切除術(しねたんせつじょじゅつ)」を行ったり、歯の保存が難しい場合には、抜歯を選択したりするケースもあります。

歯根破折

歯根破折(しこんはせつ)とは、歯を支えている歯根の部分にひびが入ったり、割れたりした状態のことをいいます。ひびを放っておくと、ひび割れに沿って炎症が起こって歯周病が進行し、悪化すれば抜歯となってしまうのです。

歯根破折は、根管治療で神経を取り除き、もろくなった歯に起こることが多く、上部の被せ物を支える土台に金属を使用したことで負担がかかってしまった場合のほか、歯ぎしりや食いしばりなどのクセによっても招きやすくなるため注意が必要です。

マイクロスコープを使用した精度の高い治療を行います

マイクロスコープを使用した精度の高い治療を行います

当院では口腔外科治療に、患部を最大24倍に拡大して見ることができるマイクロスコープを使用し、精密な治療を実現しています。しっかり目で見たうえでの処置が可能になるため、侵襲を最小限に抑えることができ、より精密かつ安全な治療を行うことができるのです。

精密な口腔外科治療は、どうぞ当院におまかせください。

吉樹デンタルクリニックの診療のご予約はこちら